English

VillaTokyo

 

月曜日が日曜日の場所で

11-18 November 2011

 


 
タカ・イシイギャラリー

Yuki Kimura, Ursel (24,XII, 40), 2009.
Photo : Yasushi Ichikawa.
Courtesy Taka Ishii Gallery, Tokyo

タカ・イシイギャラリー

木村友紀

写真を出発点とした木村友紀のインスタレーションは、イメージ、記憶、そして視 覚的刺激に対応して物語を紡ぎだす心理的作用との複雑な関係性を探求して いる。直接、写真を記録や表象する媒体として使用するのではなく、木村は頻繁 に視覚的な語呂合わせを作り出し、鑑賞者に「イメージをどのように理解するの か」といった質問を投げかける。彼女は過去に、心理的な洞察が起こるのを拒 むかのような、鑑賞者から意図的に離して設置したポートレートのシリーズを制作 し、被写体をときに凌駕し、ときに裏切る、ポートレート写真のもつ計りがたい作用 に、観客を対峙させてきた。近年、木村は、写真のイメージがいかに過去を再構 築し、またいかにそれが現在に取り込まれているかを明らかにすべく、自身が撮 影した写真とファウンド・フォトグラフを混在させている。木村によって入念に選ば れたイメージは、一風変わった方法で展示される。形や内容が共鳴しあうように、 彫刻的な要素がしばしば用いられる。それによって、木村の作品は、装置として の展覧会や慣例的な写真というものがいかにして意味を生成しているかを明ら かにするのだ。

ネトルトン太郎


木村友紀: 1971年生まれ、京都在住。